漂流豆腐 絹ごし

G.RINAの日記

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  つれづれ
tag : 
今日も前回のDJ CLEOにひきつづき、南アフリカのアーティストについて書いてみようと思います。

まずは南アフリカはヨハネスブルグのアーティストSpoek Mathambo。

クワイトやクドゥロを専門にやっているどローカルなストリートアーティストでさえも、BURAKA SOM SISTEMAの活躍以降はだいぶ外側から発掘されているとは思うけれど、彼はみずから世界市場を視野に入れて活動しているアーティスト、…というかインディロックアーティストと言ってしまってもいいかな。彼の音楽は一聴ではどこのものとも判断のつかない無国籍なミクスチャーダンスサウンドで、アフリカらしさがどこにあるのかというと…、ハイブリッドでややこしい彼のあたまの中こそがどうやら南アフリカといえそうなのです。

こちら自己紹介映像。

SPOEK MATHAMBO EPK from Romain Cieutat on Vimeo.



なんともシャレオツ…。アルバムはSub Popからのリリース。


一方、こちらも自己紹介映像。



素朴…。

彼が影響をうけたソウェトのラップ音楽、彼や家族のレコードコレクション、南アにおけるHIVの脅威、アパルトヘイト以降の暗闇のなかクワイトなどのエレクトロニックミュージックとパーティカルチャーが各地で興ったこと、ガーナとナイジェリアの手作りホラー映画カルチャー(最近の彼のアーティストイメージに注目)ナドナドについて講演?している模様。語っているアルバムコンセプトについてはこの通りーー
「自分はどのように自分を表現しているか、どのようにアフリカの人々を代表しているか。そして自分の仕事を通じて「思索的なフィクション」を構築するときに、正確さというものは重要なのだろうか」

はい、ややこしさが伝わってきますね。



南アフリカには同じく、収録曲でまさにSpoek Mathamboと共演していた女性シンガーZaki Iburahimもいるし、ケープタウンにあるインディレーベルAfrican Dope Recordsはアフリカのエッジでミクスチャーなダンスレーベルとして要注目です。とはいえこのレーベル、過去には東京のレコ屋でブレイクビーツの作品が手に入ったし、いまも手に入るアルバムCDなんかは、念入りに調べなければアフリカ産だとは気付かなかったりします。この界隈は、ゲットーダンスのあのスレスレ感、ギリギリ感を求める方面からするとちょっと洗練されすぎているんですね。でも地球のだい~ぶはじっこで、こういうものを送り出している、そのモチベーションに共感できるかもしれないとか、バイオに興味がわいてくる、そんなアーティスト達といえるかもしれません。


ミックスにも収録した曲、Let Them Talkが最新作でこんな具合になっていました。このテイクもいいですねえ。




さてもうひとり、こちらはクワイトプロデューサー現イギリス在住アーティストMOROKA。
今回はインドミックスの時とちがって、音源は現地調達ではなかったので、ネットの大海でもいろいろなアーティストに出会いました。彼もそんな中見つけた、まだリリースも少ないアンダーグラウンドなアーティスト。

Moroka-and-the-barber-490x367.jpg



インタビューでクワイトについてこんなことを話していました。

「90年代、クワイトに夢中だった。でもそのスタイルが好きだったのは自分のまわりでは自分だけだったんだ。タウンシップに暮らしていたけれど、排他的な私立学校に通っていたから学校のある平日は最悪だったよ。ロンドンに来てからあるパーティに行き始めて、そこでかかってる音楽が唯一自分の過去とつながってると感じたんだ。そしてクワイトのスタイルがいまだに評価されていたことに驚いた。嬉しい驚きだったよ。その体験が自分にとってとても深淵な瞬間だったんだ。」

そんな彼のクワイトミックスがコチラ。じわり中毒性。クワイトに興味をもった人におすすめです。



ちなみにこのMOROKA、自分の音楽を3つのワードで表すとしたら?の問いには「Unemotional, computerized, noisy」とのこと。ほうほうほう。
SpoekもMOROKAも、なんというか、「いっちょ流行のビートでも作って地元のスターになろう!」というよりは、逸脱/世界放浪の中で自分のルーツに思いをはせたり、音の中でなにか探し物をしているようなところがあって、そんなところにどうも惹かれてしまいます。
じぶんはこんな風に彼らの音やことばに触れてアレコレ想像をするばかりで、南アフリカの環境のなかにある、彼らの発想の背景となっているものについてはほんとうに知らないことだらけだなーと感じるわけです。

そんな彼らの楽曲を収録している♡♡AFRICAーーインフォはこちらから♡
スポンサーサイト
Category :  つれづれ
tag : 
今回のミックスは主にクワイトとクドゥロという音楽をミックスしています。3パートに分けて、イントロ~クワイト~クドゥロ~クワイトといった具合に構成しました。アフリカミックスといっても、いわゆる民族音楽とかスピリチュアルアフリカ~なアプローチではなく、今回はとにかく現地の若者がとびつくダンスミュージック、下世話なストリート音楽と出会いたくて音集めをしていました。そんな気持ちになったのは、クワイトのアーティストDJ Cleoの楽曲を聴いたことがきっかけで、その曲を3パート目のクワイトパートの2曲目に収録しています。
「Nisho Njalo」



クワイトは南アフリカのハウスと呼ばれる音楽で、ダウンテンポ感、音数の少なさ、オフィシャルPVのダサさなどどことなく90年感が漂っています。そもそもの起こりは80年代後半らしく、欧米のハウスミュージックが入ってきたことが起源といわれています。アップデートされて現在の質感があるようだけれど、実際の欧米のダンスミュージックがビキビキ鋭くなってゆく一方で、このどこかのんびりした感じ、欧米の影響を受けながら、なぜかまったくちがう島にいるという感じ(実際ちがう大陸にいるのだけどネ)、そんなところにぐっとくるのはわたしだけでしょうか。男性MCの楽曲が多く、それこそ90年代ヒップハウスのようだけれど、どうにも明後日な感じ。これがアフリカーンス語の耳慣れない響きのせいなのかはたして、よくわかりません。

で、あまりにこの曲をすきになってしまったわけですが、
この曲のビデオといえば、このオフィシャルよりもはるかに再生されているビデオがあるのです。

Tofo Tofo


Tofo Tofo はモザンビークのダンストリオです。この踊り最高~と感じたのは、もちろんわたしやアナタだけではありません。このビデオを観たある歌姫が彼らにコンタクトをとって振り付けを依頼したのだそうです。で、できたのがこれです。



まさにまったく同じ踊りですね。Tofo Tofoも出演しています。

そしていわずもがなですが、この曲といえばPon De Floorのリメイクですから
http://youtu.be/g2nmgcVbfKE

脳内では大変、世間は狭いという感じになってくるわけです。

なんというか、お祭りですね。




ということを感じつつ昨年を過ごしながら、クワイトを聴いていました。今回のミックスももっと早く出す計画でいたし、こんな話ももっとフレッシュな状態で話したかったのですが、まあ、なかなか脳内のスピード感が現実に追いつかないものですね。でもいっこいっこやっていきますので、ひきつづきよろしくおねがいします。

これをこうして週明けに書こうと思っていたら、先週末のイベントにミックスCDを買いにきてくれた男の子がまさにここに書いたわたしと同じ経路を通って、彼はダンサーとしてクワイトとそのダンスの魅力に取り憑かれ、追いかけていて、今回のミックスを待ちに待っていてくれたと話してくれました。すごく細いところにめがけて作っているつもりだったので、まあ細いのは変わりないだろうけど、その細い的(まと)にヒットしているなら、ほんとうにうれしい!
なんてことを書きながら、これでまた魅惑の細道に迷い込む?ひとが増えたらもっとうれしいです。

そんなクワイト収録の最新DJミックス、♡♡AFRICAのインフォはこちらから~。
Category :  つれづれ
tag : 
Happysad聴いてくださったみなさん、ありがとうございます。今回はバレンタインデーにちなんでシュガーをサブテーマに選盤しましたが、曲はさておきお話した内容にスウィート感はなかったですね。そういう柄じゃないので許してください。いま思うと、あの番組のリスナーの方にどれほどシュガーアディクトなんかに興味のある人がいたのか。。。どうかしていますね。

さて、紹介した楽曲にちなんだ映像とおまけ話でもしてみようかと思います。
2曲目に紹介したJokerをはじめとしてUKダブステップの若手が米国R&Bやヒップホップに影響を受けていることにふれましたが、昨年同じくアルバムを出し大きな賞賛を得たJames Blakeもまさにそんな1人と言えると思います。彼の場合は広く米国R&Bというより、1曲目に紹介したD'angeloの影響をはっきり受けていると感じますがいかがでしょうか。



どのあたりが?と言われると、この朴訥とした演奏姿は、とてもあんなファンキーで巧みな感じには見えないけれども…… 音のそぎ落とし方、メロディのもっていき方ーー彼のアルバムを聴いたときに真っ先に思い出したのがD'angeloでした。もちろん他にも多くの音楽、音楽家の影響をうけているはずなので、単純には言えないのですが。それにしてもこうして最新の音楽の中に、どんな過去の音楽の種がまかれているのか想像してみるのはとても興味深いことであります。

そんな彼がまさにD'angeloの楽曲をリミックスしたとのことで話題になったばかりでした。なるほど納得の音の往復です。

さてJokerに話を戻すと、去年リリースの彼のアルバム'the vision'ーーこの一ヶ月というもの車の中ではいつもこれを聴いていました。アナログシングルから追いかけていた大好きなアーティストだったので期待が大きすぎたのか、購入した直後は地味に感じられてしばらく寝かせてしまっていたのですが、これが改めて聴くと地味な分!?するめいかのようにじわじわくる!あまりに聴きすぎて、数曲に登場するMC、Buggsyのライミングまで口ずさめそうなくらいです。紹介した楽曲「on my mind」のボーカルwilliam cartwrightはLSK、Ben Westbeechに次ぐ白いミクスチャー系ソウルシンガー(イギリス名産)となるでしょうか、非常に好みな歌唱です。上でbbcのライヴテイクをはったのでこちらも。(だいぶ緊張しているようですが、生もシビれます。)

この日はグッドフレンズ/フード担当としてこんな時こそは、、、と思いクッキーなんぞつくっていきました。

svZU.jpg

(残り物の写真なので、成型いまひとつ。。)

アメリカのおばちゃんの作る系しっとりチョコチップクッキーと苦めアーモンド&チョコチップクッキー。使用した砂糖はもちろん一曲目にちなんでブラウンシュガー。おばちゃん系のはだいぶ体に悪い味ですが、それぐらいやらないとおばちゃんの味にならないんですよね。味見だけでニキビができますが、たまに食べたくなる味。

体に悪いといえば放送でもちょっとふれましたが、おうちでお砂糖を使うときは、黒糖やきび砂糖など、精白されていないお砂糖を使うのがおすすめです。精白では不純物とされてしまうミネラルなどが残っていて、甘さ自体は控えめですがそのぶん複雑な味になるんですよ。ちなみに三温糖も褐色ですが、あれは精白砂糖を焦がして色をつけているので成分は精白と一緒ですので、甘いだけ!注意してくださいね。

最後に紹介したのはスティービーでしたが、ここでの〆はこちらを。

Category :  つれづれ
tag : 
また巨星が去りました。巨星といっても、それは見た目でしょう、ダンス甲子園のアレ以外あんまり知らない、という方もいらっしゃるかもしれませんが。90sR&Bの世界ではビッグなあんちゃんです。聴きかえしてみるとその時代が真空パックされたままのようで、なにやら脇のあたりがぎゅっとしてきます。これだから流行歌というのは、魅力的なんですねぇぇぇえ。フロアでレコードにあわせて気が狂ったかのように歌いましたよね、この曲も。当時はみんなエアタミールーカスしてたんですよ。ほんと。


Dwightさん、こきみよすぎです。

このPVも憑かれたように観てた。(タミーのボーカルがもっと聴きたいバージョンはコチラもどーぞ!)
Category :  つれづれ
tag : 
ごぶさたしています。おかわりないですか?
デイイベントなどにぽつぽつ出させていただいたり、featuringや裏方的な音仕事などはさせていただいておりましたが、そろそろ本腰入れて活動を再開したいと思っています。

lovelovexxx.jpg

ついては、これのネクストフライトいきたいと思います。
SHOP

ALBUMのダイジェスト音源を聴くことができます。

▲お近くのTOWER RECORDS店舗、TOWER ONLINE他、どのCDショップでも購入可能です。(お取り寄せの場合もあります)

iTunesはこちらから

Amazonはこちらから

iloveindia.jpg

最新 MIX CD
「Ishq Ishq India」
09.7.15 on sale
ダイジェスト試聴- 本編は68分41曲!!
get this here!


what's up ? dj señorina

Twitter Updates

    icon_tw05.png

    Latest

    marcd002jacket_20100907005749.jpeg 『MASHED PIECES #2』詳細

    お取り扱い店舗
    タワーレコード各店舗/オンライン
    ディスクショップゼロ(下北沢)
    ジェットセットレコード(京都、下北沢)
    corner shop(静岡)
    material(名古屋)
    caboverde(大阪)
    EARTH BEAT(松山)
    disk UNION
    Amazon
    iTunes
    記載のないお店でも大型CD店他、卸を通じて扱ってくださっているお店もありますので、行きつけのお店がありましたら直接お尋ねください。

    marcd003.jpg otodoke.jpg 'mashed pieces', 'MP#2 Street Sampler' & 'Ishq Ishq India'
    お取り扱い店舗
    ディスクショップゼロ(下北沢)
    ターンテーブルラボ東京(渋谷)
    ジェットセットレコード(京都、下北沢)
    corner shop(静岡)
    green house(岡山、倉敷)
    material(名古屋)
    EARTH BEAT(松山)

    最新記事
    カテゴリ
    検索フォーム

    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    QRコード

    QRコード

    リンク
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。